忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
世界経済、日本経済を注視しています。 サブプライムローン問題、世界同時不況、国内外株式の行方、新興国経済、為替動向、資源高・原油高、税制改革やインフレ率・雇用統計などの経済指標について、旬なトピックについてコメントしています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日経は前日比533円安い7863円で終了しました。

アメリカのビッグ3の再建計画を懸念してとのこと。

ビッグ3の再建がうまくいかなければ、大規模な雇用調整が入り、消費が落ち込む。そして車が売れなくなるから、というところでしょうか。

これは、少々悲観的過ぎると思います。アメリカが不景気なほど、燃費のよい日本車の小型車が好まれるはず。車が生活に必須の消費者が多いアメリカでは、日本車の需要がある程度あると思います。小型車は総じて利益率が低いのですが、売れないよりマシ。今後、アメリカで日本車がしっかり売れていくことを期待しています。
PR
日経が9000円台回復と思ったら、本日は下げて再び9000円割れ。

円高に動いたことから、輸出比率の高い自動車などが下げた模様。

もう少し、中期的な観点で見てみると、自動車なんかは特にそうだけど、主要材料の鉄は鉄鉱石価格が下落していて、しかも円高なので調達価格は今後下がるはず。また、北米などは、大型車だけではなく小型車も含めて自動車の市場が縮小しているけど、車社会の国なので、車がない生活は考えにくい。車も機械ものなので、いずれ磨耗・故障して新しい車が必要になるはず。そのとき、小型で燃費のいい日本車が見直されると思う。

ここ直近(大体1年から5年くらい)は日本の自動車メーカーは苦しいと思うけど、ここを耐えると光が見えてくるはず。今が株価の底かどうかはよく分からないけど、だいぶと底は見えてきていると思う。今、慌てて買う必要がないけど、大底を経験して反転し始めた段階では、買いたいセクタです。
円安を好感して、東京株式市場は上昇。先週末に比べて537円も高く引けました。

ただ、楽観視はできません。今日は、米大統領選。マケインかオバマかで、今後のアメリカの経済対策が変わってきます。

大統領が決まれば、安心感が生じてさらに買いやすくなるかも。特に、米住宅市場の透明性確保が重要な対策のひとつだと思っているので、この部分をしっかり処理してくれる大統領に決まれば、より株式が買いやすくなると思われます。
海外のヘッジファンドが投売りしているため。

海外のファンドは、外貨建てで日本株を買っていることも多く、今円高のため、売っても損失額が抑えられる。

それに、今の時点では、異常に割安だろうが関係なく売っている。ファンドが手元資金(キャッシュ)の確保を急いでいるため。将来価格より、目先の現金。今、解約が相次いでいるので、投売りによる現金化は進むと思う。そのため、日本株はしばらくは売られ続けると予想。
急激な円高が大問題となり、急激に株価は下落。全面安となり、5年5月ぶりに8000円を割りました。

とうとう金融混乱が、実体経済に影響しはじめています。

今は、不用意に動かないほうがいいと思います。
≪  1  2  3  4  5  6  7  ≫
HOME
Ads by Google
口座開設・入金のみ
1円から報酬あり
アクセストレード
手数料0円&ドル円スプレッド1銭
ブログで報酬
アクセストレードレビュー
投資で勝ち組になるために
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログランキング
にほんブログ村 経済ブログへ
プロフィール
HN:
SundayEconomist
性別:
非公開
自己紹介:
経済情報はビジネスマンの基本知識だと思うのですが、十分に体得しているとは思っていません。日々勉強中の身です。いつか仕事に役立ててればと思っています。
ブログ内検索
最新コメント
[12/11 FXroomと私]
忍者ブログ [PR]